ネットの申し子の部屋

容量5GBの無料ファイル保存サービス"Windows Live SkyDrive"

容量5GBの無料ファイル保存サービス"Windows Live SkyDrive"のページ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この部分は背景画像のパーツです。

Microsft社から、"Windows Live SkyDrive"という
かなり便利なサービスがつい最近、登場しました。

Windows Live SkyDrive (ウィンドウズ スカイ ドライブ)は、
Hotmailなど、Windows LiveのWebサービス上で使用するアカウントを取得していれば、
なんと、5GB(1GB=1000M、4.7GBのDVD-R1枚分以上!!)の無料オンラインスストレージが
使用出来るというサービスです。

オンラインストレージとはハードディスクやUSBメモリー、CD-ROM、DVD-ROMなどの
記憶媒体の代わりにインターネット上にファイルを保存出来るサービスの事を指します。

Windows Live SkyDrive以外にもオンラインストレージというとFileBank(ファイルバンク)や
Yahoo!Briefcase(ヤフー!ブリーフケース)などのサービスもありますが、
手軽さや利便性という点ではWindows Live SkyDriveはオススメです。


Windows Live SkyDriveは現在、世界38ヶ国以上で利用が可能です。
つまり、海外でも利用出来るので、Windows Live SkyDrive
旅行先や出張先でも役に立ちます。

また、Windows Live SkyDriveなら外国に住んでいる方とのファイルのやり取りも
インターネット上で出来るので、シチュエーションによっては色々なWindows Live SkyDrive
利用方法が考えられます。

Windows Live SkyDrive以外にもHotmailやGMail、Yahoo!メールなどの
無料オンラインメールでも写真やテキストデータ、
ワードやエクセルなど添付ファイルでのデータのやり取りが可能ですが、
アップロード出来るファイルの容量の上限がかなり小さいのがネックです。

一方、Windows Live SkyDrive一度に5つまでのファイルをアップロード可能で、
一回のアップロードにつき、最大50MBまでアップロード可能です。
また、Windows Live IDによる認証機能やファイルの公開制限など
Windows Live SkyDriveにはセキュリティ機能も十分にあります。

Windows Live SkyDriveを使用した感想としては画面の操作もシンプルで分かりやすく、
サーバー側のレスポンスも比較的、この手のサービスとして
Windows Live SkyDriveは速い方なので、
Windows Live SkyDriveの利用価値はかなり高いと思います。

Windows Live SkyDriveは一度、試してみる価値アリです。

Windows Live SkyDrive 公式サイト

この部分は背景画像のパーツです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この部分は背景画像のパーツです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この部分は背景画像のパーツです。
この部分は背景画像のパーツです。
Microsoft及び、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国、その他の国における登録商標または商標です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。