ネットの申し子の部屋

地上デジタル放送(地デジ)とは?

地上デジタル放送(地デジ)とは?のページ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この部分は背景画像のパーツです。

当サイトのコンテンツの趣旨とはかけ離れますが、
今回は地デジについて解説したいと思います。

地上デジタル放送のロゴマーク  地上デジタル放送とはいわゆる従来の
  民放放送をデジタルデータに変換して放送する
  新しい放送方式の事です。

  地上デジタル放送は2003年12月1日から
  東京、名古屋、大阪の3大都市圏で放送が開始され、
  2006年12月1日には全ての県庁所在地を含む
  一部の地域で放送が開始されました。
  なお、従来から放送されているアナログ放送
  (地上アナログ)は2011年7月に放送終了します。

それでは地上デジタル放送地デジに関して解説したいと思います。


まず始めに、この地上デジタル放送というのは国が推し進めている事業です。

NHKや民放のTV局(日本テレビとかフジテレビとか...)が自主的に
始めている事ではありません。

何故、地上アナログ放送から地上デジタル放送に変わるかというと、
いくつか理由があります。

地上デジタル放送が終了する理由

1.アナログ放送の周波数帯の空きの帯域に余裕が無い。

これを説明するに当たっては少し、アナログ放送について説明する必要があります。


アナログ放送の電波

まず、アナログの電波は直進する性質があります。

例えば、関東地方なら、CATV、共同アンテナで受信していない建物は
ほとんどの場合、VHFやUHFなどのアンテナが設置してあります。
(家の屋根に立っている"魚の骨"みたいなヤツです。)

東京タワーから送出される地上アナログ放送の電波は半径100kmの範囲を
カバーしており、関東地方の平野部にあるCATV、共同アンテナ以外の建物は
その電波をVHF/UHFのアンテナで受信する仕組みになっています。
(東京タワーって電波を送出する目的で造られたんですよ。知ってましたか??


アナログ放送と電波障害

しかし、ここで一つ問題があります。

アナログの電波は直進する性質があるので、東京タワーと受信する建物の間に
電波を遮る様な遮へい物(例えば、高層ビルや山間部)があると正常に電波を
受信出来ない為、その地域で電波障害(受信障害)が起きます。

要するに電波を遮る壁となる遮へい物がある事で電波は直進できず、受信すべき
アンテナまで電波が届かない訳です。

電波が遮られ受信が困難な場合、電波の受信レベルが下がるので、電波障害となり、
正常に受信出来ません。

この問題を解消するために、放送局は受信が困難な地域などに正常に電波を
送出する為の中継局を持っています。

しかし、アナログの電波は周波数が近いと混信したり干渉するため、電波を正常に
送出する事が出来ない場合があります。

そのため、周波数を変えて電波を送出する必要があり、異なる周波数帯をいくつも
使用するため、アナログの周波数帯にテレビ電波を送出するための空きの帯域が
少なくなっています。

空きの帯域の少ないアナログの電波でテレビを放送する限界がある為、遮へい物や
周波数の干渉に強く、空きの帯域に余裕のあるデジタルの放送が地上デジタル放送
として採用されたという訳です


2.社会の情報インフラ(基盤)のデジタル化。
世の中を見渡すとありとあらゆる物がアナログからデジタルに変わってきています。

冷蔵庫や洗濯機、掃除機、エアコン、お風呂にトイレと身の回りの家電製品、
携帯電話などデジタルの製品は身近に沢山あります。

インターネットの普及に伴い、今や家電製品もネットに接続出来るようになりました。

情報をデジタル化する事でネットに接続して最新のデータを取得したり、
オンデマンドのサービスを利用出来るなど色々なメリットがあります。

地上デジタル放送の場合、例えば、旅番組のデータを取得して飛行機や鉄道の
チケットを予約したり、料理番組からレシピのデータをダウンロード出来たり、
通販番組でその場で電話せずに注文出来るなどデータとネットワークを利用した
オンデマンドのサービスを地上デジタル放送なら利用出来る可能性があります。

また、字幕をつけたり、音声解説をつけられるなど、高齢者や身体障害者の方なども
よりテレビを楽しめるなど、地上デジタル放送はバリアフリーにも役立つという訳です。

こうした世の中のデジタル化の動きに対応するためにテレビ放送も地上デジタル放送
としてデジタル化して新たな利用方法を提供するという目的があります。

3.アナログより高画質、高音質
地上デジタル放送は地上アナログ放送に比べて、非常にきめ細かく鮮やかで音質も
CD並みの音質で16:9のワイド画面、ハイビジョン放送にも対応しているなど、画質、
音質がより向上します。

以上が主な理由のようです。

では次にどのように地上デジタル放送を受信する事が出来るかを解説します。


地上デジタル放送の受信方法

CATV、共同アンテナ受信以外の戸建ての場合

1.地上デジタル放送が受信可能な地域かを確認する。

2.地上デジタル放送対応のチューナーとUHFアンテナを用意する。

地上デジタルの放送は基本的に地上デジタル放送対応の(UHF)アンテナと
チューナーを用意する必要があります。


八木アンテナの戸建て向けUHFアンテナ"UV-85"
八木アンテナの戸建て向け地上デジタル放送対応UHFアンテナ"UV-85"

また、逆にどちらか一方を所持している場合は
もう一方(UHFアンテナか地上デジタル放送対応チューナー)を用意します。

マスプロの地上デジタルチューナー"DT330"
マスプロの地上デジタル放送用チューナー"DT330"

最近は、DVDレコーダーやHDDレコーダー、
液晶テレビなどに地上デジタル放送対応チューナーが
内蔵されている製品が数多く発売されています。

地上デジタル放送のロゴマーク 地上デジタル放送対応チューナーが内蔵されている
 液晶テレビやDVDレコーダー、HDDレコーダーは
 左の様なマークがカタログやメーカーHPの
 製品紹介ページに必ず記載されています。

 大手の家電店などにも行けば、テレビ自体にこのマークが
 張ってあったりするので、購入の目安にして下さい。

Panasonicの地デジチューナー内蔵HDD/DVDレコーダー"DMR-BW900"
Panasonicの地上デジタル放送対応チューナー内蔵HDD/DVDレコーダー
"DMR-BW900"

SONYの地デジチューナー内蔵HDD/Blu-rayレコーダー"BDZ-X90"
SONYの地上デジタル放送対応チューナー内蔵HDD/Blu-rayレコーダー"BDZ-X90"

SHARPの地デジチューナー内蔵液晶テレビ"LC-46GX4W"
SHARPの地上デジタル放送対応チューナー内蔵液晶テレビ"LC-46GX4W"


地上デジタル放送対応チューナー単体としても家電量販店に行くと販売されていますが、
デジタルレコーダーを購入する予定があったり、液晶にテレビを買い換える予定が
ある場合は、購入予定の製品の仕様について、製品の型番を確認の上、
メーカーや量販店に問い合わせるなどして確認しておくと良いかも知れません。

また、現在、DVDレコーダーやHDDレコーダー、液晶TVがある場合は所有している
製品の仕様を再度、カタログ、取扱説明書で確認して下さい。
地上デジタル放送を視聴する為の準備(購入)ミスを防ぐ事が出来ます。
不明な場合はメーカーに問い合わせるのが確実です。

3.CATVに加入する。
お住まいの地域のエリアのCATV局に有料で加入すると地上デジタル放送
視聴出来るようになる可能性があります。

CATVに加入してTVを視聴した場合、契約内容によってセットトップボックス(略称"STB")
またはホームターミナルと呼ばれる専用のTVチューナーを利用する事によって、
BSデジタル/110度CSデジタル地上デジタル放送を視聴出来るようになります。

ただし、立地的な問題や住まいに設置してあるTVの受信設備の仕様等によって
加入自体が出来ない場合もあるので、検討される場合はCATV局に
問い合わせると良い
でしょう。

加入先のCATV局が不明な場合は区役所などに問い合わせるのも手です。


PanasonicのHDDレコーダー一体型地デジチューナー内蔵STB"DCH-2000"
PanasonicのHDDレコーダー一体型地上デジタル放送対応チューナー 内蔵
STB"DCH-2000"

マスプロの地デジチューナー内蔵STB"DST22"
マスプロの地上デジタル放送対応チューナー内蔵STB"DST22"


CATV、共同受信以外の集合住宅の場合

1.地上デジタル放送対応のチューナーを用意する。

集合住宅の場合、ほとんどのケースでお住まいのアパートやマンションなどにVHFや
UHFのアンテナが設置してあります。

仮にUHFアンテナが設置してある場合は個人で地上デジタル放送対応の
アンテナを購入したり、設置する必要はありません。

お住まいのマンションやアパートにUHFのアンテナが設置してあるかどうかは
マンション、アパートのオーナーさんや管理会社に問い合わせると良い
でしょう。

また、すでにマンションの設備の一部として、光ファイバーのネット環境が整っていたり、
CATVにマンション自体が加入していたりすると、
既存の設備のみの環境で地上デジタル放送が視聴出来るケースもあります。
このようなケースもあるので、マンションのオーナーもしくは管理人、管理会社に
問い合わせると良い
でしょう。


CATV、共同アンテナ受信の戸建ての場合

CATV経由、もしくは共同アンテナで受信しているケースでは
これまでのケースと異なり複雑です。

1.既存のテレビの受信設備、宅内の設置機器の仕様を確認する。
CATVや共同受信でテレビを視聴している場合は新たに機器を購入する必要が
無いケースもあります。

CATVや共同受信の場合は自宅の屋根に設置しているアンテナを経由していないため、
UHFの放送が受信出来てれば、UHFアンテナを立てる必要が無い場合もあります。

また、CATVに加入して有料のテレビ受信のサービスを利用している場合は
テレビにCATVを受信するための機器(ホームターミナル、セットトップボックス)が
設置してあるケースがあります。

CATVは住まいの地域によって色々なCATV会社にエリアが分かれており、
扱っているホームターミナルやセットトップボックスもそれぞれ種類が異なっています。

ホームターミナル、セットトップボックスの仕様によっては
BSデジタル放送や110度CSデジタル放送を視聴する為のBSデジタルチューナー、
CSデジタルチューナーが内蔵されていたり、地上デジタル放送対応チューナーも
内蔵されているなど、すでに地上デジタル放送を視聴可能な環境が整っている
場合もあります。

CATV経由で受信していたり、共同受信でテレビを受信している場合はそれぞれの
お住まいのエリアのCATV局や施工した担当の工事会社に問い合わせると
良い
でしょう。

電波障害地域でCATVや共同アンテナで受信している場合は、
VHFの帯域のみを受信出来ていたり、本来のUHFの帯域で受信する放送を
VHFに変換して視聴出来るように施工されている場合もあります。

俗にCATV、共同アンテナ経由などでTVを受信している場合、CATV側、
もしくは共同アンテナ側でUHFの帯域のチャンネルをVHF帯域に変換して
電波を送信する方式を"CATVパススルー(周波数変換パススルー)"と呼びます。

"CATVパススルー(周波数変換パススルー)"の場合はUHF帯をVHF帯域に
変換して受信しているのでUHF帯のチャンネルをUHFアンテナから受信している訳では
ありません。

"CATVパススルー(周波数変換パススルー)"では
用意する地上デジタル放送対応チューナーの仕様も異なります。

つまり、"CATVパススルー対応の地上デジタル放送対応チューナー"が
必要
になります。

"CATVパススルー対応の地上デジタル放送対応チューナー"は有名メーカー、
無名メーカー問わず、多く発売されているようです。

CMで見かけるような液晶テレビやHDDレコーダーなどにも
地上デジタル放送対応チューナーが内蔵されているモデルもあるので、
メーカーに問い合わせると確実
でしょう。

そして、CATV、共同アンテナ経由でTVを視聴している場合は、
送信されている電波がCATVパススルーであるかを確認する必要があります。

その上、CATV、共同アンテナ以外の住まいのケースと同じく、
手持ちのデジタルレコーダーや液晶テレビなどに 地上デジタル放送
対応チューナーが内蔵されていれば仕様を確認する必要があります。

別途、地上デジタル放送対応チューナーが新たに必要であれば、
購入前にその製品の仕様を確認すれば良い
でしょう。


CATV、共同アンテナ受信の集合住宅の場合

1.CATVパススルーでUHF帯のアナログ放送を受信しているかを確認する。
電波障害地域などでアナログの電波を受信している場合は、
パススルーの電波が流れているかを確認する事が必要です。

パススルーであれば、CATVパススルー対応の地上デジタル放送対応チューナーを
用意すればいいでしょう。

パススルーの電波が流れていれば、よっぽど立地的な問題や、周囲の電波の
干渉などが無ければ、個人で宅内アンテナなどを設置する必要が無い場合が
多い
ようです。

2.すんでいる集合住宅に地上デジタル放送対応の(UHF)アンテナが
設置されているかを確認する。

アナログの放送に関してはCATV経由や共同アンテナで受信をしていても、
お住まいのマンションやアパートにすでに地上デジタル放送対応のアンテナが
設置されているケースもあります。

これに関してはお住まいの集合住宅のオーナー、管理人、管理会社などに
問い合わせると良いでしょう。

3.セットトップボックスやホームターミナルが設置されていないかを確認する。

すでにお住まいの集合住宅が個別での契約でなく、建物ごとCATVに有料で
加入しているケースもあり、マンションやアパート側ですでにCATV視聴の為の
セットトップボックスやホームターミナルを設置しているケースがあります。

上記にて説明の通り、設置してあるセットトップボックスやホームターミナルの
仕様によっては地デジチューナーが内蔵されている場合もあります。

この場合は、個人で宅内アンテナを設置する必要や、地上デジタル放送対応
チューナー内蔵などの録画機器やTVを用意する必要はありません。

CATVはアンテナ設置の必要が無いというのが大きなメリットです。
この場合においても同様です。


ブースター、分配器、同軸ケーブル

ブースター

マスプロの戸建て向け地デジ対応ブースター"UB33GN"
マスプロの戸建て向け地上デジタル放送対応ブースター"UB33GN"

マスプロの集合物件向け地デジ対応ブースター"VUBCA33AG"
マスプロの集合物件向け地上デジタル放送対応ブースター"VUBCA33AG"

CATVでも共同アンテナでもCATVパススルーでもなく、
UHFのアンテナを取り付け、地上デジタル放送対応チューナーを用意しても
視聴出来ない場合が最悪のケースとしてあります。

それは建物内の受信設備がアナログ受信向けの仕様となっており、
新たにデジタル放送を受信するための機器や配線などに
改修しなければならないケース
です。

戸建て、集合住宅を問わず、宅内(建物内)に複数のTVを設置する事を前提として複数の
アンテナ端子(室内の壁面から出ているアンテナケーブルをテレビや録画機器に
接続するためのケーブルの差込口です。)が備わっている場合は、
受信すべき電波の量を室内(建物内)のアンテナ端子の数の分だけ分配けなければ
ならない為、一つのアンテナ端子の場合では十分な電波のレベルでも複数の
アンテナ端子に分配すると電波量が減衰して正常に映像、音声を受信出来ない
ケースがあります。

要するに宅内(建物内)にケーブルを通して入ってきた電波はテレビアンテナの
端子の系統分だけ分配されるとその分、受信レベルが減る
のです。

しかし、建物の建築の段階でこのようなケースは予想出来ているため、施工時に
電波の量を増幅するための機器(増幅器、ブースター)を設置してあるケースが
ほとんどのようです。

アナログ向けの仕様になっている住宅でも設置しているブースターはVHFとUHFを
増幅出来るタイプになっているものが主流です。
(種類によってBS/CSブースターなどもあります。)

しかし、ここでもアナログとデジタルの違いがあります。

ブースターの設置後の電波量の増幅の設定が狂い、地デジを視聴する為の
UHF帯の電波の増幅量が正常でない場合に受信が出来ないケースも
あります。


分配器

マスプロの2分配器"2SPFA"
マスプロの2分配器"2SPFA"

マスプロの4分配器"4SPF"
マスプロの4分配器"4SPF"

また、ブースターで増幅した電波をそれぞれのテレビアンテナ端子の系統に
分配する場合は分配器という物が必要な場合があります。

しかし、分配器で電波量が減衰してしまうケースもあります。

あまりに古い分配器や経年劣化している分配器は当然、正常に動作しないため、
受信の障害のネックになります。

配線に使用する分配器は上の写真の様なアルミのダイキャストのタイプの物を
使用しましょう。


同軸ケーブル(アンテナケーブル)

5C-FBの同軸ケーブル
5C-FBの同軸ケーブル 

地上デジタル放送を視聴する上で、配線に使用する同軸ケーブルも
見逃せないポイントです。

普段、アナログ放送を視聴する場合には同軸ケーブルの事など気に掛けなくても
あまり問題ありませんが、UHFアンテナを設置しても地上デジタル放送対応の
テレビや地上デジタル放送対応チューナー、地上デジタル放送対応チューナー
内蔵のデジタルレコーダーを購入して設置/配線しても、
配線に使用する同軸ケーブルが既存のブラウン管テレビに配線に使用されている
古いものであったり、地上デジタル放送を視聴するのに不向きな物である
場合には正常に地上デジタル放送を受信できないケースもあります。

実はテレビに配線する同軸ケーブルには型番があり、それぞれ、太さや内部の
構造が違います。

同軸ケーブルの各部の名称と構造
同軸ケーブルの構造図

従来のブラウン管のテレビに配線する同軸ケーブルは"3C"という型番が主流です。

しかし、地上デジタル放送を視聴するには""3C"の型番は適していません。

これから、地上デジタル放送を視聴するに当たって、
液晶テレビの購入を検討していたり、地上デジタル放送対応チューナー内蔵の
デジタルレコーダーの購入を検討している方は4C以上、("4C"もしくは"5C-FB")の
同軸ケーブルを購入して配線して下さい。

また、VHSのビデオレコーダーを繋いでいたり、DVDレコーダーを繋いでいる場合にも、
それぞれ配線している同軸ケーブルはデジタル向けのものに交換した方が良いでしょう。

F型接栓
F型接栓の写真

上の写真のように同軸ケーブルの先端の接続部もF型接栓のタイプが好ましいです。
F型接栓は電波の劣化が少ないので地上デジタル放送を視聴するのに適しています。

同軸ケーブルを自分で作るというマニアックな方はF型接栓を取り付けましょう。

注意点として、F型接栓で接続する場合には5C-FBの同軸ケーブルを使用して下さい。
5Cの太さでないと、接栓の穴の大きさが合わないためです。

現在、配線している同軸ケーブルの型番が不明な場合にはケーブルのシース部分に
型番が印刷されていたりするので、かなり面倒ですが確認してみて下さい。

シース部分に3Cの文字列があれば、交換対象と考えてよいでしょう。
もし、シース部分に型番が印刷されていない場合には以下のチェック項目に
当てはまるか確認して下さい。

1.購入したテレビが3年以上前
2.設置しているテレビは液晶ではなく、ブラウン管のテレビ(16:9のワイド型も含めて)
3.テレビの配線は自分自身で行った。
  ケーブルの事は良く分からなかったので、適当に 電気屋で売っていた物を買って
  配線した。

上記の項目に1つでも当てはまれば、交換の必要性が高いです。

また、建物内の壁内のケーブルが3Cというケースもあります。

さすがに壁内のケーブルに関しては壁を壊して、通線しているケーブルを
交換するというのはあまり現実的ではないので、まずは電気屋に相談の上、
地上デジタル放送
を視聴するに十分な電波量が部屋まで来ているかを
調査してもらうように依頼してみましょう。

ブースター、分配器、同軸ケーブルは経年劣化します。

古くなれば当然、劣化するので、基本的にはある程度の"耐久年数のある消耗品"
と考えておくと良い
でしょう。


外的な受信の為の条件、環境などを確認して、
室内の環境(自分で用意すべきチューナーやアンテナ)などの条件も
整っているにも関わらず、受信が出来ない場合、戸建てなら
電気店や建物の施工会社、オーナーさんなどに問い合わせると良い
でしょう。

集合住宅の場合は管理会社、オーナーさん、
管理人などに相談すると良い
でしょう。

このように地上デジタル放送を見るためにはただ単に、
"デジタル放送対応のTV、録画機器を購入する"
というだけでは済まないケースもあり、そのための確認事項も多い
ので、
非常に面倒くさいかも知れません。

まずはデジタル対応の機器を購入する前に
お住まいの環境(外的な視聴条件)を確認すると良いと思います。

また、今回の記事で紹介した内容が少しでも参考になればと思います。

地上デジタル放送(地デジ)とは? 参考リンク、関連ページ

テレビアンテナ学習の宿

電気屋が教える簡単テレビ設置教室

テレビ共同受信機器

よくあるご質問集 - テレビ受信障害の簡単な見分け方 - 東海総合通信局

地上デジタルテレビ放送のご案内

リンク・参考資料 | 地上デジタルテレビ放送のご案内

地上デジタルテレビジョン放送

この部分は背景画像のパーツです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この部分は背景画像のパーツです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この部分は背景画像のパーツです。
この部分は背景画像のパーツです。
Microsoft及び、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国、その他の国における登録商標または商標です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。