ネットの申し子の部屋

メモ帳(テキストエディタ)で音楽、動画をダウンロード!!

メモ帳(テキストエディタ)で音楽、動画をダウンロード!!のページ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この部分は背景画像のパーツです。

今回も小技を紹介します。
知っていると便利なメモ帳を使ったダウンロードのTipsを紹介したいと思います。

動画やMP3などのストリーミングファイルをダウンロードする時に役に立つのが
ダウンローダー(ダウンロード支援ソフト)ですが、ダウンローダーを使う時(使わなくても)、
実はメモ帳(テキストエディタ)を使うと、
さらに確実に目的のファイルをダウンロードする事が出来ます。

ウェブサイト上に公開されているストリーミングのファイルを再生するためのリンクを
クリックする時、リンクにカーソルを乗せるとストリーミングファイルの本体ではないURLが
ブラウザ上に表示される事があります。

その場合はリンクをクリックしても、ファイル本体を保存する事が出来ません。
それらのURLのファイルは大抵、
WindowsMedia系の「.wmv」、「.wma」のストリーミングの場合、
拡張子は「.wvx」、「.wax」、「.asx」となっています。
また、RealMedia系の「.rm」、「.ra」のストリーミングの場合では
拡張子が「.ram」になっています。

「.asx」や「.ram」などにはファイル本体のアドレスが記述されていて、
各メディアプレイヤーがそのアドレスを確認し、
ファイルの再生をサイト側のサーバーに要求して
動画や音楽のファイル本体が再生される仕組みになっています。

これらのストリーミングの本体ファイルのアドレスが
記述されているファイルを「メタファイル」と呼びます。

また、右クリックでダウンロードが出来ない場合でよくあるケースでは、
サイト側がJavascript(ジャバスクリプト)によって右クリックを出来ないように
ブラウザに制限をしている場合もあります。
このような場合、ブラウザのオプション機能でJavascriptを無効にして、
右クリックの制限を解除すれば、ダウンロードが可能になる事もあります。

Javascriptの無効化の方法

(以下の画像に解説も書いてあります。)

Internet Explorerのインターネットオプションを開いている様子

インターネットオプションの「セキュリティ」タブを開いている様子

スクリプトの各項目を「無効にする」に選択している様子

スクリプトを無効化した後、表示される確認のダイアログの画像

その他ではサイトがFlashで制作されていたりすると、
アドレスがブラウザに表示されないので、アドレス自体の確認が出来ない場合もあります。

サイトが動的ページで生成される場合も、
拡張子が表示されない事があるので、結局は、
それぞれの状況に合わせたファイルのダウンロードの仕方が必要になってきます。

ちなみによくネット上で紹介されている定番のダウンローダーとして人気があるものでは、
「FlashGet」、「GetASFStream」、「Irvine」、「Iria」、「NetTransport」などがあります。
機会があれば、今後、これらのソフトについても紹介をしていきたいと思います。

...話題が逸れましたが、ストリーミングファイルをダウンロードする時には
上記の「FlashGet」や「GetASFStream」を使えば、
割と簡単にストリーミングのファイルをダウンロードする事が出来ます。

これらのソフトでメタファイルをダウンロードすると、
メタファイルの中に記述されている
ストリーミングの本体ファイルのアドレスを解析して、
自動的にダウンロードが可能になります。

しかし、ごくたまにメタファイルから本体のファイルをダウンロードできない場合があります。

この時に役立つのがメモ帳(テキストエディタ)です。
メタファイルをダウンロードしたら、このメタファイルをメモ帳で開いてみます。
通常、メタファイルはメモ帳で開くファイル形式として
関連付けがWindowsにされていないので、
拡張子を「.txt」に書き替えれば、ダブルクリックで開けます。
(もしくはメタファイルで右クリック→プロパティーからプログラムの種類を
変更する事でメモ帳に関連付けする事も出来ます。)

「.asx」ファイルを「.txt」に変更した例

「.asx」のファイルを「.txt」に拡張子を変更した様子

「.asx」を「.txt」に変更したファイルをメモ帳で開いた様子

「.asx」にメモ帳(テキストエディタ)を関連付ける方法

以下の画像に解説も書いてあります。

「.asx」メタファイルのプロパティを表示している様子

プロパティから

エクスプローラーでメタファイルに関連付けする、Windowsシステムフォルダー内のメモ帳のEXEファイルを表示している様子

メモ帳のファイルを関連付けた後、プロパティのプログラムの一覧にメモ帳が追加され、関連付けが適用された様子

メモ帳の関連付けが適用された事をメタファイルの右クリックメニューで確認している様子

ストリーミングのメタファイルはXMLという形式になっていて、
開くとストリーミングファイルのアドレスが記述されています。
通常は「http://~」で始まる、ブラウザで受信可能な
ハイパーテキストのプロトコルで記述されていますが、場合によっては
WindowsMediaのストリーミングプロトコルのアドレス「mms://~」や
RealMediaのストリーミングプロトコル「rtsp://~」で
ファイルのアドレスが記述されています。

「http://~」で始まるアドレスの場合はIEなどのブラウザで直接、
ファイルへのアクセスが可能なため、ダウンローダーのソフトが無くても
ストリーミングの本体ファイルのダウンロードが可能です。
しかし、「mms://~」、「rtsp://~」などでアドレスが記述されている場合は
これらのプロトコルがIEなどのブラウザではサポートされていないため、
ファイルを開く事が出来ません。

アドレスが「mms://~」、「rtsp://~」の場合は
上記の「FlashGet」、「NetTransport」などのソフトを使用すればダウンロードが可能です。

今回、紹介したワザを使えば、
より確実にストリーミングのダウンロードが可能になりますが、
ダウンロードするサイトによってはサーバー負荷の原因ともなるため、
過度なダウンロードが禁止されているところもあります。
仮に、短時間で大量にファイルをダウンロードすると以後のアクセスの際に、
IPアドレスが弾かれてアクセスを禁止されてしまうケースも考えられます。

こういった問題はサーバー運営者ではないと分かり辛い部分ではありますが、
過度なダウンロードはサイト運営者には
あまり歓迎されないという事を覚えておいて下さい。
(いわゆる「ネチケット」ってやつです。)

参考リンク

「FlashGet」
http://www.amazesoft.com/jp/index.html

「GetASFStream」
http://homepage2.nifty.com/scallop/

「Iria」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se161790.html

「Irvine」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se218138.html

「NetTransport」
http://www.xi-soft.com/

「ストリーミングメディアガイド」
http://homepage2.nifty.com/netwarp/

この部分は背景画像のパーツです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この部分は背景画像のパーツです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この部分は背景画像のパーツです。
この部分は背景画像のパーツです。
Microsoft及び、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国、その他の国における登録商標または商標です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。