ネットの申し子の部屋

SEO対策に役立つサイトを紹介!!

SEO対策に役立つサイトを紹介!!のページ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この部分は背景画像のパーツです。

初心者、上級者を問わず、サイト運営者にとって
大変関心の高い話題にSEO対策があると思います。

今回はSEO対策を考える上で、とても役に立つサイトを紹介します。


ちなみにSEOとは...

Search Engine Optimization
サーチ エンジン オプティマイゼーション

上記のそれぞれの頭文字をとった省略語です。
(日本語では「検索エンジン最適化」というような意味になります。)

つい2、3年前までのGoogleなどの大手検索エンジンは
キーワードに対しての検索結果の精度が現在ほど高くありませんでした。

一部のサイト運営者はアクセスアップのための
上位検索結果の表示を狙うため、
検索技術の仕組み(甘さ)を突いたサイト設計(タグ付け)を行っていました。
(悪意があろうと無かろうと、こういった行為は検索エンジンスパムと呼ばれたりします。)

本来のキーワードとは関係の無い、またコンテンツの皆無なサイトなどが、
検索結果として上位表示される事がしばしばあり、
中にはウィルスを仕掛けたり、アドウェアをインストールさせるような
悪質なサイトも横行していた事もありました。

そういった背景もあっての事か利便性の向上のため、
Googleは対策を講じています。

現在のところ、Googleに於いては
サーバーの検索のアルゴリズム(処理の仕組み)が向上し、
以前のような怪しいサイトや
検索エンジンスパム的なサイトの上位表示も大分減っています。

しかしそうなると今度は1クリックでも欲しいサイト運営者や
マニアなハッカー(この場合は「尊称」としての呼び方です。)などによって
「正攻法」のSEO対策の研究が海外を中心に盛んになり、
最近では日本でも書籍や専門サイトなどが紹介することによって盛り上がっています。
(日本ではインターネット自体も普及し、
アフィリエイトがTVや雑誌などのメディアに露出してきているのも
普及の要因の1つだと思います。)

Googleに登録したのに「いつまで経っても検索結果に表示されない」と
お悩みの方も大変多いかと思いますが、私もそういった経験があり、
SEO対策に関してはとても興味のある一人です。

ネット上でSEO対策に関してよく目にする単語に「アクセシビリティ」という言葉があります。

要は健常者、障害者あるいは老若男女を問わず、
どんな環境でも誰もが利用できる(利用しやすい)サイトを設計しようという1つの指針です。

Googleでは検索結果に反映させるための登録に関してのガイドラインとして、
「利用者の利便性を考慮したウェブサイト作りを推奨しています。

誰でも利用しやすいサイトを作る→Google側での登録もスムーズに行なわれる
→ユーザーのターゲットの範囲も広がる→ユーザーが訪れる機会も増える
→結果的にアクセスアップにつながる
...というわけです。

大手一流企業のサイトなどはこの考え方に積極的に取り組み、
独自のガイドラインやポリシーなども打ち立て、
積極的にアクセシブル(アクセスしやすい)なサイト作りを推し進めています。

オンライントレードが大流行している現在、
ウェブで宣伝し商売するサイト運営者の最たる大手企業にとっても
(株価に影響も与えかねない)この考え方は必須な訳です

そこで「アクセシビリティ」、「SEO対策(検索エンジン最適化)」などを考える上で
とても有益なサイトを紹介したいと思います。

インフォアクシア
(アクセシブルなウェブ制作のための便利なツールや
アクセシビリティに関しての情報が豊富なポータルサイトです。)
http://www.infoaxia.com/

W3C Markup Validation Service
(W3Cサイト内のサービス。
制作したサイトのHTMLタグの構文チェックがオンラインで行なえます。)
http://validator.w3.org/

Google ヘルプ センター
(Googleサイト内のヘルプページです。
サイト登録に関しての情報を色々調べられます。)
http://www.google.com/support/?hl=ja

ZSPC
(HTMLやCSSのリファレンス、XHTMLの初歩的な解説、
W3Cの「Web Content Accessibility Guidelines 1.0」の和訳など
とても参考になる資料が色々あります。)
http://www.zspc.com/index.html

JISC 日本工業標準調査会
(jisマークといったらすぐにピンッと来ると思います。
日本工業標準調査会でも「アクセシビリティ」に配慮した
サイト設計を行なうことが提案されています。
「アクセシビリティ」に関してのJIS規格...

「JISX8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,
ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」)
...のオンラインでの閲覧ができます。)
http://www.jisc.go.jp/

この部分は背景画像のパーツです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この部分は背景画像のパーツです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
普段何気なく使っている検索エンジン。その中身はどのように進化してきたのか?SEO(Search Engine Optimization)や検索エンジンについて、ごく簡単に説明してます。ホームページやブログを運営するオーナーなら知っておいて損は無いはず。
2008/05/04(日) 13:07:04 | ホームページ作成のテツガク
この部分は背景画像のパーツです。
この部分は背景画像のパーツです。
Microsoft及び、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国、その他の国における登録商標または商標です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。